糖尿病とは

糖尿病に近いと言われたら

 我々日本人は、 民族的に血糖値を下げるインスリンというホルモンの分泌量が少ないため、 糖尿病になりやすいと言われています。 食習慣が乱れ、 運動不足でストレスの多い現代日本人は、 どんな方でも糖尿病になる可能性があると言 っ ても過言ではありません。 糖尿病にならないためには、 普段から良い食習慣を心がける、 適度な運動をする、 肥満しない、 検診を受けて早期発見に努めることが欠かせません。糖尿病の気があるといわれた場合、 境界型糖尿病の可能性があります。 自覚症状がないからとい っ てそのままにしておいてはいけません。 迷うことなくブドウ糖負荷検査を受けてください。 ブドウ糖のジ ュ ースを飲んで30分後、1時間後、 2時間後に採血するだけの簡単な検査です。 2時間後の血糖値が139まで
が正常、140から199までが境境界型糖尿病、200以上で糖尿病と診断されます。


 ほとんどの糖尿病は境界型からじわじわ進行して起こります。 境界型から本当の糖尿病に進行させないためには、生活習慣の改善が必要ですが、 予防に有効な薬もあります。初期の段階で治療すると効果が得られやすく、 逆に進行してからでは沢山の薬が必要となり治療が難しくなります。境界型こそ治療すべきなのです。また、 境界型糖尿病がメタボリ ックシンドロームと合併している場合、 既に心筋梗塞の危険が高ま っ ている可能性があります。 メタボリ ックシンドロームとは内臓脂肪の蓄積によ っ て高血糖 ・ 高血圧 ・ 中性脂肪高値が起きている状態です。 さらにLDLコレステロールが高い ・ 腎機能が悪い ・ 喫煙者 ・ 心臓病家系など、 動脈硬化の要素が重なるとさらに危険で、 働き盛りの男性などに突然死を引き起こす怖い状態です。